レイク、無人くん、それぞれに違う返済方式

返済方法とは違って返済方式というものがあります。
これは通常明細書には記載されているものではなく契約書か公式ホームページで確認することができます。
レイクでも無人くんのあるアコムでも返済方式はそれぞれ独自のものを使っています。
返済方法はどのような方法で返済額を入金するのかということです。
バンクイックWEB完結返済やatm返済、口座引き落としなどの返済をするための方法、それが返済方式となっています。
一方返済方式というのは、毎月の返済額を決めるための方式です。
元金をもとにして返済額を決めると言っても、返済後の元金をもとにするのかそれとも最終借入後の元金を元にするのかでも違ってきます。

毎月の返済額が変わったとしても利息の計算方法は変わりませんので返済額が大きくなるのか小さくなるのかという違いはあっても利息に変わりはありません。
そのため同じ金利で同じ借入残高があるとすれば、返済額が小さくなれば元金の充当が小さくなりますし、返済額が大きくなれば元金の返済が大きくなります。

ここで確認をしていきたいのはどのようにして返済額を決めるのかということ。
最少返済額が小さくなると返済は楽になるように見えますが、実際は元金がしっかりと返済できていませんので返済は長引くことになります。
例えば消費者金融でもアイフル、プロミス、モビットは残高スライド元利定額返済となっていますが、アコムは定率リボルビングとなっており違いがあるわけです。

アコムっていえばあのcm!

キャッシングと言う言葉を聞いてまず、頭に浮かんでくるのは……アコム!!と考える人が、世の中にどれほどたくさんいることでしょう。
数ある消費者金融の中で、その代名詞と言ってもいい程、アコムは今や世の中にその名を浸透させています。その立役者と言えば、やっぱりあのCMですよね。

「初めての~アコム~♪」でお馴染みのテレビCMです。
そのCMの中で、まずアコムは親しみやすい女性定員を使用することでマイナスイメージの強かった消費者金融のイメージを一掃することに成功しました。その後も、好感度の高いタレントを次々に起用し、アコムのイメージを更に向上させていったのです。

そして、もうひとつ!アコムのCMと言えば……「ラララ~むじんくん~♪」のCMですよね。
こちらのCMによって、アコムはマイナスイメージの「消費者金融」ではなく、親しみのある「キャッシング会社」として、世の中に浸透し、一般人にも使用しやすい企業イメージの確立を果たしています。
この「むじんくん」はアコムが開発した画期的な無人契約機です。キャッシングとは言っても、やはり借金は借金です。あまり印象のよいものではなく、できれば他人には知られたくないもの。そうした、利用者の要望に応えたのが、この「むじんくん」なのです。

アコムは現代社会の中で最も効果的であるテレビCMを利用し、好感度の高い企業イメージの確立を果たしました。
こうして、アコムは今の「キャッシング」の代名詞とも言えるほどの知名度を作り上げたのです。
参照

ソニー銀行カードローンはatmから利用したらお得?

ソニー銀行カードローンは、ソニー銀行が提供するカードローンサービスです。特徴は、最短60分で借り審査が終わり、口座をすでに持っている人ならば即日での融資も可能という点です。ソニー銀行のキャッシュカード自体にカードローンの機能がすでに備わっているため、新たなカードの発行もありません。そのため、カードの郵送を待つ必要がないというメリットもあります。
ソニー銀行カードローンは、提携atmの使用で、24時間365日いつでも融資を受けることができます。提携atmはたくさんあるため、利用先に困ることがありません。ソニー銀行カードローンはatmから利用したらお得かという質問に対しては、特定の場合はお得というのが回答になります。イオン銀行とセブン銀行の提携atmは、手数料が何度でも無料で利用することができるので、お得であるといえます。それ以外の場合でも月4回までは無料とされているため、全体的に見ても利用者にとって利便性の高いサービスに仕上がっています。
金利が低いという点も魅力的です。一般的な消費者金融のカードローンは、最大金利を18パーセントに設定していますが、ソニー銀行カードローンの利率は、年2.5パーセントから年13.8パーセントと、最大金利が4.2パーセントも低くなっています。これは、融資額が大きくなるとかなりの差になりますので、多めの融資を受けたいと考えている人には、訴求力がある内容となっています。
関連

消費者金融の窓口以外でお金を借りるには

消費者金融と契約した場合ですが、必ずしも消費者金融の支店に足を運び、窓口でお金を借りる必要はありません。店に行かなくても借りられる方法はいくつかあるのです。まず、もっとも簡単なのがATMから借りる方法です。消費者金融と契約をするとキャッシュカードやクレジットカードと同じ大きさのカードが送られてきます。このカードには契約者の名前ぐらいしか印字されていませんが、銀行やコンビニにあるATMに挿入することでキャッシングが可能なのです。ただ、すべてのカードが使えるというわけではなく、消費者金融と提携関係にあるATMでないと使うことはできません。どの貸金業者がどこのATMと契約しているのかということについては、貸金業者のサイト、あるいはATMに付属しているマニュアルに掲載されています。
そして、銀行口座に振り込んでもらうという方法も可能です。特に、契約したばかりの段階ではまだカードが送られてこないので、お金を借りるためには窓口に行くか、あるいは振り込んでもらうかとかありません。振り込んでもらう場合は、当然、銀行の営業時間が重要になってきます。土日や祝祭日は一日無理なので、お金を受け取れるのは翌営業日になります。
契約直後に土日でもお金を借りたいという場合は、契約する場所を無人契約機にしましょう。無人契約機はカードを発行するシステムが備わっているので、郵送で送られてくるのを待たなくてもすぐに受け取ることができて、ATMに挿入可能だからです。